<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Test!! | main | Soooooooooo Hot!!!!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
かめさん
朝9時。
始発駅を出た電車の中、
いつもなら競争率の高い端っこの席が運良く空いていたの。

よいしょって座って、ふと隣の座席を見たら…

緑色でてかてかしている甲羅をもった小さな小さなVIPが座ってらしたの!!

この方只者ではないのよ。
ほら噂の一度怒らせたら最後、
臭いにおいで攻撃してくるっていうあのお方。


でも私、彼のことちゃんと知ってたからまずは平然とした顔で挨拶。

「あらぁ〜、お久し振り。
 電車の中でお会いするなんて珍しいわぁ〜。
 ところで今日はどちらまでお出かけ??」

でも彼ったら恥ずかしがり屋だから、
知らん顔。

でも彼、私と話したいのか、
だんだんこっちに近づいてらしたの。










…こ〜ま〜る〜わぁ〜〜〜。。。。




さぁこんな時あなたならどうする!?

VIPに席を譲る。
VIPに席を譲らず、そのまま座り続ける。
VIPなんてくそじゃ!って払いのける。

それともぁ??


そう考えている間も彼はちかづいてくる!!!

どうする?どうする??


でも親切な私は、VIPになんてもってのほか!!
でも△辰討匹Δ覆痢?それこそ失礼!!

ってことで,鯀択。






…ファイナルアンサー??

ファイナルアンサー!!!!!!






「さぁさぁ、どうぞどうぞ。」

| - | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jenny-green.jugem.jp/trackback/230
トラックバック